toggle
2018-12-03

12/3クリスマスにダッジ料理を♪♪

こんばんわ♪ 店長の大石です。

しばらくぶりのブログで申し訳ありません(^-^;

この週末、ダッジオーブン料理講習のイベントにお手伝いにいってきました。

これからのクリスマス料理におすすめの『ダッジオーブンを使ったローストチキン』の作り方を、ここでご紹介します(^^♪

①チキンの下準備

今回使用したチキンは足つきの丸鶏(約1000g)。大きなスーパーで内臓を抜いた冷凍ものが用意されています。

これを解凍し、匂いが残ないよう外とおなかの中を水洗いし、キッチンペーパーで拭き取ります。

そのあと、調味料が本体に染み込むよう、フォークを使って全体をプス!プス!(*^-^*

②具材を詰めます

用意ができたチキンに、具材を詰め込みます!(^^)!

具材を詰める前に、内側にニンニクや塩コショウで味付けをします。そして今回は冷凍チキンライスをIN!

その他、ミックスベジタブルや、春雨なんかもエキスが染みていいみたいです。

中に詰めるものもアイデア次第ですね♡

詰め終わったら、串で中身が出ないように切り口を閉めて、全体に調味料を刷り込みます♡♡

この時、塩コショウは少し多めでもかまいません。

そして炭やダッジオーブンの準備をしながら… 小一時間寝かせます(^.^)

③ダッジーオーブンへ投入!

チキンを寝かしている間に、ダッジオーブンの準備をします。

炭を起こして、ダッジオーブンのプレヒート!! まずはダッジオーブンだけを焼いて熱い状態にします。

チキンを焦がさないためには、中に底網をひくことをお勧めしますが、無い場合はアルミホイルを曳いてください。

そして熱くなったダッジオーブンの中にチキンをIN!

背中を少し焼いてから入れる方もいますが、今回はそのまま背を上にしてダッジオーブンの中へ!

背中は皮があるので、背を上にする場合は、ダッジの上面に炭を多めに置くようにしてください。(上:下=8:2)

この時、チキン全体にオリーブオイルを塗ると、きれいに焼きあがります(*^-^*)

そして香草(ローズマリー)を添えて、約1時間焼き上げます♪♪

④中まで焼けているか チェック!

豚と鶏は、食中毒を避けるために内部までしっかり火を通すことが必要です。

アメリカ農務省が勧める温度は『チキンの胸肉=77°C(170°F )』

温度計が無い場合は、お腹の部分に串を刺して、透明な肉汁が出てくればほぼOKです。!(^^)!

 

こうして、準備から約1時間半で写真のような『ローストチキン』が仕上がりました♪♪♪

今回作成した参加者の皆さんは、ダッジオーブン料理が初めての方ばかりでしたが、仕込んだあとは熱く熱したダッジオーブンが勝手に仕上げてくれた! そういうイメージです。

難しそうに思う料理ですが、意外に簡単に仕上がります♪♪

みなさんも、クリスマスにチャレンジしてみませんか?(*^-^*)

関連記事